2017年10月9日 ヒトは母性をもらわないと・・・ ~だめっぽい~

きょうのおはなしも
興味ない方はまったく興味ないかもー・・・

ダ・ヴィンチさんが、どうして当時、

『多くのひとたちに尊敬されていた』 ノストラダムスにも・・・

のか、疑問でしたが・・・

これがようやくまとまったので書いちゃう・・・

『彼の作った兵器は実際には戦争で使われることはなかった・・・』
というところに注目・・・

それだけアタマの良い方で、かつ、愛情があったみたいな・・・
時の貴族や王族たちに使われながらも
実際には使えない兵器ばかり発明っぽい・・・



母親の愛情が豊かだったせいか、
かの有名な『モナリザ』のように愛情深いまなざしの絵が描かれたみたいで・・・
『あなたはわたしの誇りよ!』みたいな表情

彼みたいに、建築学から土木学や医学にくわしいほどの頭脳があれば、
なんでも可能であったろうと・・・
独裁者とか革命家とか殺戮者とか・・・なれちゃう?やん
がしかし、一生ヒトに使われる側になっていて、
しかも尊敬されて・・・
当時でもこころあるヒトには彼のこころがわかったのですか・・・


なので、子供には母性たっぷりで育てたほうがいいらしく・・・

スポンサーサイト

2017.10.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

Chaille

Author:Chaille
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

アクセス数

フリーエリア

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR