2017年8月19日 やはり一流画家はジュエリーにも・・・ ~油断してない~

ヘンリー8世の肖像画家ハンス・ホルバインによるジュエリーデザイン画。
大英博物館の図書室に残ってるとかで・・・よくのこってるぅー・・・
当時は真珠はとても高価・・・
これをもとに18世紀に再びデザインされたりしたとか・・・


Holbein.jpg


みなさーん、お元気で今日も明るい服着て生きてらっしゃいますでしょうかああああ~?

このごろは欧米の有名なリーズナブルな大量生産される既成服も浸透してて・・・
まあかの有名なキャサリン妃もチョイスされるほどですし・・・
ですが、明るい色の服はヒトをいつまでも若々しくしてくれるそうですよー
パリのマダムも黒い服の上にオレンジ色のスカーフなんて・・・



きょうも、なんも話すことないのですが、

絵画に見る、ジュエリー・・・


たいていは王侯貴族、ブルジョワの肖像画・・・
有名なお抱え画家が描く絵が、
ヴィンテージだと残るものですが・・・

よーく拝見すると、

大量のジュエリー・・・
アクセサリー・・・


それに気づくと、本人の詳細よりも、
ジュエリーのデザイン描写に夢中・・・

たとえば・・・

ボッティッチェリは若い頃は、金細工師だったらしく・・・
『春』
の妖精だか女神だかの胸元には、

見事なジュエリー・・・
ほかにもいろんな画家によるジュエリーが・・・




スポンサーサイト

2017.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

Chaille

Author:Chaille
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

アクセス数

フリーエリア

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR